事故と保険金

費用について 還付金

「廃車ってお金かかるんでしょうか?」お金がかかる場合ともらえる場合

更新日:

車の廃車となると、かなり大きな機械?ゴミ?を廃棄する事になります。

となると、有料で出す事ができる粗大ゴミと同じ様に、いくらかお金が必要になるかと思われるでしょう。

そこで、実際のところ廃車にお金がかかるのかどうかをご紹介いたします。

廃車で費用が発生する項目

それでは、まず廃車を行う場合にお金が発生する可能性がある項目を、廃車の手順に沿って見ていきましょう。

廃車の手順については以下のとおりです。

  1. 解体業者へ車の運搬
  2. 解体・スクラップにしてもらう
  3. 運輸支局での廃車手続き

では、上記の工程の詳細を順番にご紹介いたします。

解体業者へ車の運搬

まずは、廃車にする車を解体業者の工場まで運搬する作業でございます。

この工程は、車が自走可能な状態だったり、廃車手続き廃車するが車は潰さずに家で保管する場合(一時抹消登録)にはお金がかかる事はありません。

お金がかかる可能性があるのは、自走ができない状態の車であった場合です。

その場合は牽引車かレッカー車の手配が必要になり、その手配を行うには1万〜3万円の費用が必要になります。

解体・スクラップしてもらう

続いては、解体工場にて解体・スクラップしてもらう作業です。

なお、車を解体・スクラップしてから行う廃車の事を永久抹消登録と言います。こちらも上記でご紹介した通り、車を自宅保管される廃車手続き(一時抹消登録)の場合には不要でございます。

この工程では解体手数料が必要になり、その金額は平均1.5万円ほどとなっています。

加えて、現在はそもそも個人依頼の廃車の解体を受付していない事が多いので、金額以前の問題でもあります。

運輸支局での手続き

最後に運輸支局での手続きですが、ここでは必要になるお金は印紙代の350円のみですので、そこまでお財布が痛む事はないでしょう。

ただ、金銭面では痛くありませんが、運輸支局での手続きはタイミングが悪ければ順番待ちにかなりの時間が必要になる場合もありますので、その点は我慢が必要になります。

事故魔
以上が自分自身で廃車を行った場合に

必要になるお金です。

 

業者によってお金がかかるかどうか

では、ここからは業者に廃車を以来した場合、お金がかかるのかどうかという点についてご紹介いたします。

ただ、業者と言ってもかなりの数の業者がいますので、ここでは私が2回もの廃車の依頼を行ったカーネクストの例で各項目をご紹介いたします。

不動車の引き取り費用

まずは、前述でもご紹介した通り、廃車にする車が不動車であった場合のレッカー車の手配についてですが、この業者依頼に関しては無料で手配が可能です。

通常は、レッカー車の手配には費用が発生しますが、全国に提携店があり廃車にかかる費用を抑え、なおかつ廃車の有効利用による利益でレッカー車の料金を賄ってもらっているのです。

解体の手数料

続いては、解体にかかる手数料です。

この点に関しても、上記と同様にこの業者の場合は提携店での作業となりますので、解体の手数料はかからないのです。

運輸支局の手続き代行

そして、運輸支局での廃車申請手続きの代行です。

ディーラーに廃車を依頼した場合は、この代行手数料として1万円近く請求される事がありますが、この業者に関してはこの代行費用すらも無料となります。

自分で業者(カーネクスト)
車の輸送1万〜3万円無料
解体費用1.5万円前後無料
廃車申請350円無料

つまり、カーネクスト限定ではありますが業者に廃車の依頼を行う事で、通常であればお金が必要な場面が、全て無料に変わるのです。

事故魔
カーネクストはマジおすすめ

カーネクスト以外の業者では、内容が異なる場合がございます。

 

廃車でお金がもらえる項目

続いては、上記の内容とは反対に、廃車にする事でお金がもらえるケースについてご紹介いたしましょう!

もともとお金がかかると考えられていた方にとっては、願ったり叶ったりな内容となるでしょう^^

廃車で税金が返ってくる

まず一つ目のお金がもらえる項目としては、車の所有に対して課税されてた税金です。

車を所有しているだけで自動車税重量税の課税が必要になるのですが、この2つの税金に関しては1年分ないし2年分を前払いで支払っている状態です。

そして、この2つの税金は次の課税のタイミングまでに廃車をする事で、残りの期間分を月割り計算で返してくれるのです。

これを還付金と言い、あまり知られていない廃車でお金をもらう事ができる制度となるのです。

買取価格を受け取る事ができる

2つ目のお金がもらえるものとしては、廃車買取業者に依頼された場合のお話です。

廃車買取業者はその名の通り廃車の買取を行っています。

買取」ですので、当然査定後に決定された金額を車と引き換えに受け取る事ができるのです。

車の引渡時ではなく、廃車完了から口座振込の準備が始まります。

ただ、かなりボロボロの状態で値段が付かずに0円買取になった場合は、当然0円となります。

※その場合でも、カーネクストであれば還付金はしっかりと戻ってきます。

 

適切な業者に廃車依頼すればお金はかからない

ディーラーでの廃車

以上の事から、自分で廃車を行う事に関しては、時間もお金も無駄に必要になりますので、やる価値はないといえるでしょう。

そうなると、考えられる選択肢は廃車買取業者に依頼するという方法です。

廃車買取業者に依頼される事で、廃車にかかる費用を0円にする事ができるだけではなく、その手続きも代行してくれ、さらに買取でお金までもらう事ができるのです。

この廃車買取業者に関しても、上記でご紹介している内容はあくまでもカーネクストで廃車依頼を行った場合ですので、他の業者を探される場合はかなり念入りにサービス料金を調べておく必要があります。

カーネクストに関しては、私が実際に2回も使った事がある業者ですので、そう言った点では安心してオススメができる会社ではあります。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

事故魔

人生で何度も車で事故を起こし、不名誉ながら廃車の知識が豊富になってしまった会社員。 おそらく、私の人生でこれ以上事故を起さない(ハズ)ですので、せっかく培った知識を無駄にしないためにこのサイトでシェアしたいと思います。

-費用について, 還付金
-, ,

Copyright© 事故って廃車にしたった! , 2021 All Rights Reserved.