失敗

買取に出すなら

車検切れの状態でも廃車買取は出来るが、犯罪者にならないように注意が必要!

更新日:

乗らなくなって放置していた車がいつの間にか車検切れに。。。

今後乗る予定もなく買取に出したいが、車検切れの状態で買取してもらえるかご不安かと思います。

今回は、こういった車検切れの廃車の買取やその際の注意点についてご紹介いたします。

車検切れでも廃車買取は可能?

車検

まず、車検が切れている場合でも廃車買取が可能かどうか、という点について見ていきましょう。

そもそも車検というのは、車が安全に公道を走ることが出来るかどうかを検査した証明ですので、車検が切れていれば、当然公道を走ることは出来ません。

そのような車ですので、実用性の観点で言えば価値はなく買取は難しいように思われるかも知れませんが、その点は問題ありません

故障している訳ではない

基本的に車検切れという車であったとしても故障している車というわけではございません。

もちろん、野ざらし状態でボロボロになっている車は故障しているでしょうが、そうではなく単純に車検が切れてしまっただけの車というのは、走る権利がない車という状態です。

そういった場合は車としての性能には問題がないことがほとんどですので、買取価格には影響はあるでしょうが、特に廃車買取の可否に影響が出ることはないのです。

資源としての価値はそのまま

また、廃車買取の場合は、車としての機能がなくなってしまった車であっても、問題なく買取を行うことが可能です。

中古車買取の場合は、買取はしてくれません。

これは、廃車買取が車としての性能や状態に対しても価値をつけることが出来るのと同時に、性能や状態に価値がない車には視点を変えてその素材、つまり資源としての価値をつけることが出来るのです。

そのため、車検の有無に関してはまったくもって問題がないのです。

車検に落ちたような車であっても、車に含まれる鉄資源が無くなる事はなく、通常の廃車買取と同様に買取が可能となるのです。

 

廃車買取の方法

書類の書き方

では、車検が切れた車でも廃車買取が可能な事がわかったところで、今度は廃車買取を行う方法について確認する必要があるでしょう。

そして、買取方法は通常の廃車買取の場合と車検切れの廃車買取とで異なる点がありますので、その点についてご紹介いたします。

通常の廃車買取方法

通常の廃車買取の方法はいたってシンプルです。

もちろん廃車買取業者によって手順は変動する可能性はございますが、基本的には車を引き取りに行き、可能であれば引取を行う車を業者が運転して帰る。

そして、業者の方で解体もしくはメンテナンス後に再販し、抹消登録を運輸支局で行うことになります。

車検切れの廃車買取方法

これに対して、車検切れの車の場合は少し異なります。

基本的な流れは同じですが、車検切れということですので、前述でも記載の通り公道を走ることが出来ません

よって、業者が買取に出した車に乗って帰るのではなく、別途レッカー車や牽引車を用意して、それに車検切れの車を輸送してもらうことになるのです。

事故魔
車の移動には確実に
レッカー移動や牽引移動となりますので、
その点は把握しておきましょう。

 

車検切れ買取の注意点

注意点すべき項目

ここからは、上記を踏まえて、廃車買取の際の注意点をご紹介いたします。

結構、盲点になってしまっている内容もございますので、事前に把握しておき、いざという時にバタバタしてしまわないように気をつけましょう!

自走での移動は犯罪行為

まずは、何度も記載している内容ですが、車検が切れている車ですので公道を走ることはできません

これは、マナーなどといった曖昧なルールなどではなく、しっかりと法律で定められているルールとなります。

よって、これを破って車検切れの車で公道を走行してしまうと交通違反となり、刑罰の対象となる犯罪行為に該当するのです。

車の輸送が出来るスペースの確保

こちらも何度もご紹介しているとおり、車検切れの車の廃車買取には車の輸送は必須となります。

つまり、車検切れの車の近くまでレッカー車や牽引車を近づける必要が出てきます。

ここで注意すべき点は、そういった輸送用の大きな車が入れるスペースがあるのかという点です。

しっかりとした業者であれば、こういった項目も事前に確認を行うのですが、稀に確認せずに引き取りに向かう業者もあり、トラブルに発展する可能性がございます。

なので、もしそういったスペースがない場合は、電話などでの問い合わせの際にその旨を伝えて、引取の際に代用できる器具を業者側で手配してもらいましょう。

車検証は捨てずに置いておこう

車検が切れてしまったから、車検証は捨ててしまおうとされる方もいるでしょうが、これは捨てずに置いておきましょう。

なぜなら車検証には様々な情報が記載されており、その中でも所有者情報が後々かなり重要になってきます。

廃車買取の最終工程で運輸支局での廃車申請が必要なのですが、この時に所有者として登録されている人物の情報に加えて、その人物の印鑑登録証明書が必須となるのです。

この所有者の名義は購入方法等によって、家族以外のディーラーで設定されている場合も多いので、車検証がないと誰の印鑑証明書を用意すればいいのか分からなくなってしまうのです。

なので、車検が切れてしまったとしても必ず大事に保管しておくようにしましょう。

 

車検切れの車はデメリットの塊

車検切れの車に良いことはない

車検切れの車は、基本的になんのメリットもございません

むしろ、デメリットの塊と考えておきましょう。

なぜなら、使えない車を持っているという事は、駐車スペースが必要になりますし、駐車場を借りている場合は毎月余分な出費が発生していることになります。

さらに言えば、廃車手続きをしていない場合は、たとえ一度も乗っていなかったとしても自動車税や重量税を請求されてしまうのです。

この税金に関しては、廃車にすることで還元が可能です(業者によっては返ってこない)が、廃車にした時点での月割計算での還付金となりますので、車検が切れている車を所有し続けるメリットは皆無でしょう。

今後乗らなければ早めの売却が賢明

以上にのことから、車検が切れている車があるのであれば、早め早めに廃車手続きをされるのが賢明でしょう。

車の運転が必要な場合は、車検を受けて乗れる状態に戻す必要がありますが、そうでなければただただお金が出続ける負債と化してしまうのです。

それならば、廃車買取に出して負債を手放し、逆にその買取価格と還付金でお金を受け取ったほうが経済的と言えるでしょう。

すべての廃車買取業者でそうなるとは限りませんので、注意は必要です。

廃車を売るならどこがおすすめ?もっともコスパと手間を重視した場合

続きを見る

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均: 4.00 / 5)
読み込み中...
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

事故魔

人生で何度も車で事故を起こし、不名誉ながら廃車の知識が豊富になってしまった会社員。 おそらく、私の人生でこれ以上事故を起さない(ハズ)ですので、せっかく培った知識を無駄にしないためにこのサイトでシェアしたいと思います。

-買取に出すなら
-

Copyright© 事故って廃車にしたった! , 2021 All Rights Reserved.