カーネクスト

カーネクストのメリット7選!実際に利用した者だから分かるオススメPOINT

更新日:

過去にカーネクストで2回の廃車を依頼した身としては、カーネクストのメリットはズバ抜けて優れていると考えています。

そのメリットは全部で7個ありますが、あまり目立つ部分でもない事から気付かれない方も多いかと思います。

そこで、ここでは私が考えるカーネクストのメリットをご紹介しようと思います。

カーネクストのメリット

それでは早速、私が考えるカーネクストのメリットについてご紹介していきましょう!

全部で7つあり、他社と似通ったメリットもあれば、カーネクストのみが持っているメリットもございますので、検討されている方は是非ご一読ください^^

訪問査定がない

一つ目は、何と言っても訪問査定がないというメリットです。

中古車買取を利用して事がある方であればご存知かもしれませんが、訪問査定がある業者の場合は問い合わせ時に高い金額を提示し、実際に訪問査定に来られた際に何かと減点項目を挙げられ、最終的な買取金額を大幅に下げられる事が多々あります。

事故魔
私も昔にノートを買取に出した時に10万円近く減額されました。

しかし、カーネクストの場合はそう言った訪問査定がありませんので、電話で伝えらる金額が最終的な決定金額となりますので、申し込みを進めるにあたって安心感もありますし、訪問査定の対応の時間も省略できますので、非常に楽です。

本文ただし、電話での申告内容に虚偽があった場合は減額の対象となります。
例:走行距離は5万キロです→実際は10万キロだった場合など

 

手続きが簡単

2つ目のメリットは、手続きが非常に簡単であるという点です。

カーネクストの利用開始時には、電話もしくは問い合わせフォームに問い合わせする事でコンタクトを取る事が可能で、契約に進むにはその電話(後日の電話でも可能)の際に口頭契約を行う事が出来ますので、書面でのやりとりは不要です。

その後は、車の引き取り日に必要書類を渡せば、あとは待つだけでカーネクストが手続きを進めてくれるのです。

なので、こちらとしては電話・書類の準備・引き渡し時に立会い&書類提出のみで完了となるのです。

 

手数料が完全無料

廃車買取業者ではある程度の廃車費用は無料で手配してくれる業者がほとんどですが、カーネクストの場合はこのサービスがズバ抜けています。

というのも、カーネクストの場合は自走が可能な車の引き取りは当然無料なのですが、別途レッカー車の手配が必要な不動車の引き取りの場合であっても、無料で手配してくれるのです。

なので、カーネクストに廃車を依頼される場合には、どんな状況であっても1円たりとも料金が発生する事はないのです。

 

どんな車でも買取可能

車を手放される方は、それぞれ色々な状況の車を依頼されるでしょう。

その中には、廃車買取であっても引き取りを拒否されるような水没車だったり、野ざらしにされているような車も少なからず存在するでしょう。

カーネクストの場合は、そう言った最早巨大な鉄クズと化したような車であっても買取が可能です。

もちろん不動車であったり、事故車(私の2回の廃車がコレ)であっても、可能なのです。事故の程度に関してもラジエーターが漏れ出るレベルに大破している車(私のミニクーパー)だとしても買取を行ってくれるのです。

ただし、燃えてしまった車に関しては例外で、引き取りには費用が発生します。それ以外は大丈夫です。

 

査定額が跳ね上がる可能性がある

カーネクストでは、買い取った車をスクラップにして鉄資源としてリサイクルする販路を持っていますが、それだけではございません

パーツに価値のある物であれば、パーツごとにメンテナンスしてリサイクルする事も、車をそのまま中古車として再販する事も、さらには海外への輸出販路を使う事も可能なのです。

この中で特にパーツと海外への輸出に関しては、他社に比べて大幅に買取金額が跳ね上がる可能性があるのです。

例えば、かなり新しい車だったのに事故で大破してしまった場合は、通常はそのままスクラップとなりますが、カーネクストの場合は使えるパーツだけを取り外してリサイクルする事が可能なので、場合によっては中古車として買い取られるよりも高値になる可能性もあるのです。

海外への輸出に関しても、日本市場ではほとんど金額がつかないような車であっても、この販路を活用出来る車種であれば普通に10万円以上の査定額が出る事があるのです。

そう言った点から、車を廃車にする場合は運要素もございますが、宝くじ感覚で一度カーネクストに査定を出される事をお勧めいたします。

 

営業時間が長い

この項目も他社と比べて、カーネクストが抜きん出ているメリットとして、営業時間が長いという事が挙げられます。

これが地味にありがたく、その利点をしっかりと把握されてない方が多いのです。

というのも、現状では他の業者は始業が9時〜11時に設定されていますので、それまではこちらからお問い合わせする事ができません。

つまり働いている方は、出勤前に電話で確認する事ができないのです。

これに対してカーネクストの場合は朝の8時から電話での問い合わせが可能となっていますので、出勤前であっても電話で確認する事が可能なのです。

なので普段から残業が多かったり、急ぎで手続きもしくは確認したい事がある場合は、非常に重宝できるポイントとなるでしょう。

 

還付金が返ってくる

最後の7つ目のメリットとしては、カーネクストで手続きの場合は還付金が返ってくるという点がございます。

通常、車を廃車にすると今までに支払ってきた税金の自動車税と重量税、そして自賠責保険の一部を還付金として受け取る事ができるのです。

業者によってはこれらの還付金の金額を買取査定額に含めて表示される事があるのですが、カーネクストの場合は、査定額とは別に自動車税の還付金を受け取れますので、そう言った点では良心的な業者と言えるでしょう。

重量税と自賠責の還付金に関しては買取方式となりますので、カーネクストでも査定額に上乗せされることになります。

 

基本カーネクストで間違いない

カーネクスト

以上のことから、カーネクストではサービス面で他社に劣る事は、まず有り得ません。

カーネクストに廃車買取を出す事で何か不都合が起きる可能性があるとすれば、通常の自走が可能な車で他社に買取価格が負けてしまう可能性がある事くらいでしょう。

ただ、上記の通りカーネクストでは予期せず査定額が跳ね上がる事もございますので、こればかりは比較してみないと何とも言えない部分でしょう。

なので、これから廃車を検討されている場合は、カーネクストともう1社の2つで比較検討されることをお勧めします。

事故魔
ただし、一括査定系は
マジで着信地獄になるので、
止めておいた方がいいです。

忘れた頃にウォーターサーバーの
勧誘の電話なんかも来ますしね(汗)

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

事故魔

人生で何度も車で事故を起こし、不名誉ながら廃車の知識が豊富になってしまった会社員。 おそらく、私の人生でこれ以上事故を起さない(ハズ)ですので、せっかく培った知識を無駄にしないためにこのサイトでシェアしたいと思います。

-カーネクスト
-

Copyright© 事故って廃車にしたった! , 2021 All Rights Reserved.