鉄資源としての相場

買取に出すなら

廃車を売る際の買取相場は?単純な資源価値とそれ以外の要因【裏側、見せます】

更新日:

車を廃車買取に出す場合、一度査定が必要になります。

しかし、その査定額を提示されたとしても、それが普通なのか低いのかそれとも高いのか判断廃車難しいところでしょう。

そこで、ここでは廃車買取の相場についてご紹介いたします。

鉄資源としての相場

比較

廃車買取の場合、業者にもよりますが車の状態が悪い場合は、鉄資源の価値だけで査定額を出す事があります。

車は大きな鉄の塊ですので、鉄の塊としてリサイクルに出す事で利益を得ています。

よって、その場合は単純に鉄を多く使われている車であればあるほど、廃車買取の相場が上がるという事になるのです。

以下はそんな鉄資源としての買取額の大体の金額となります。

軽自動車6,500円
ノート、カローラクラス15,000円
クラウンクラス22,000円
セルシオクラス35,000円

チョット待った!よく見る広告ではもう少し高めに表示されていない?」と思われた方は、鋭いです^^

そうなんです。

よくある廃車買取の広告に記載の価格には、この鉄資源以外の金額も影響していたのです。

 

業者で表示されている価格の内訳

では、廃車買取業者で表示されている買取価格事例は、なぜあれだけ高値で表示されているかという点についてご説明いたします。

車は廃車にする事で様々な還付金を受け取る事が可能です。

この還付金とは今までに支払った税金(自動車税や重量税など)が廃車によって返金してもらえるものです。

これが、この話のとなる部分です。

業者の買取価格には還付金も含まれている?

では、この還付金が掲載価格にどのように影響を与えているかというと、なんと買取価格に合算した金額を掲載されていたのです。

もちろん全ての業者がそうではありませんが、結構この手法を使っている業者は多いです。

もともと、自動車税は支払った本人に還付金として受け取る権利のあるものですので、それ自体は廃車買取業者の実績でも何でもないのです。

意外と多いかも?

そうなると表面的な金額のみで判断し、そう言った業者に依頼される方が増えてしまうので、最終的には「思ったよりも合計金額が少なかった」という状況になるのです。

しかも、こういった部分は一般の方にはなかなか見抜けない部分ですので、勘違いしてしまっても仕方がない事なのです。

事故魔
かくいう私も、たまたま発見した内容ですしね。

普通は内訳まで確認せずに、高い金額を提示してくれる業者に依頼されるでしょうから、こういった理由から還付金分を損している方も多い事でしょう。

 

カーネクストの場合は事情が違う

各社の比較

では、ここからは私が実際に利用した事があるカーネクストの場合で見てみましょう。

カーネクストのサイトにも廃車買取実績の掲載がありますが、その相場は思ったよりも普通の買取金額であるように感じられるでしょう。

しかし、前述の内容がここでも重要な要素となるのです。

カーネクストでは還付金は別途返金

先ほど、自動車税の還付金などを買取価格に含めて、見た目の金額を水増ししている業者がいるとお伝えしました。

例えば以下のようなケースです。

車種A買取1万円+還付金4万円=5万円を買取価格と掲載

これに対してカーネクストの場合は、還付金は掲載されている買取価格とは別で返金するので、以下のような構図となるのです。

車種A買取3万円と掲載
これとは別に還付金4万円で、合計すると7万円

なので、買取価格が5万円3万円の2つがあり、その数字だけを比較すると前者の方がお得に感じます。

しかし、その内訳までをしっかり調べてみると、後者の方が多くのお金が手元に残る選択に変わるのです。

事故魔
正直、ここまで把握するのは難易度激高です。

海外ルートで車両買取も有利に

しかもカーネクストには他にも、我々にとって有利に働く要素を持っています。

これが上手く条件に合致すれば、そもそもの車両の買取価格が異常に跳ね上がるのです。

その要素とは、海外ルートに販路を持っているという事です。

日本では中古車として需要0で解体しか手段がない車であっても、海外では高値で取引できる車であれば、廃車としてではなく輸出車として買取を行ってくれるのです。

これはかなり強烈なメリットで、使い古されたハイエースが10万円越えという実績もあるほどなのです。

事故魔
比較的状態の良い普通自動車よりも高いですからね(汗)

なので、そう言った面で言えばカーネクストの廃車買取相場は、データの数値の差があまりにもバラけているので、良い意味で不明なのです。

完全に解体の場合は0円

また、カーネクストの強みとしてはレッカー車や運輸支局での手続き代行が完全無料になる点も挙げられます。

通常、レッカー車の手配にも手続き代行の人件費にもお金がかかりますので、手数料として請求される業者もいるでしょう。

しかし、カーネクストの場合はそう言った費用はどんな状態の車であっても、鉄資源としてのリサイクルによる利益と相殺させているのです。

なので、どんなにボロボロの車で不動車(自走できない)の状態であっても、こちらからお金を出す事なく無料で廃車依頼が可能という事なのです。

事故魔
この場合も当然、還付金の返却はあります。

 

廃車買取の相場は鵜呑みにしない!

廃車買取の相場の調べ方

以上が廃車買取の相場の裏側の情報でした。

廃車の買取相場で検索をかけると、様々な業者のサイトで相場の掲載をされていますので、そこに書かれている情報を鵜呑みにするのではなく、まずは還付金が含まれた金額なのかどうかを確認する癖をつけましょう。

なお、還付金の計算方法は別途こちらの記事で紹介しておりますので、参考程度にご覧下さい。

比較
【廃車にした!】自動車税の還付金の計算方法と還付金額を高くするシンプルな方法

続きを見る

どうせ廃車にするのであれば、少しでも高く買取してくれる業者に依頼する方が良いに決まっていますので、悔いのない選択を行いましょう!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均: 4.00 / 5)
読み込み中...
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

事故魔

人生で何度も車で事故を起こし、不名誉ながら廃車の知識が豊富になってしまった会社員。 おそらく、私の人生でこれ以上事故を起さない(ハズ)ですので、せっかく培った知識を無駄にしないためにこのサイトでシェアしたいと思います。

-買取に出すなら
-, ,

Copyright© 事故って廃車にしたった! , 2021 All Rights Reserved.