牽引

手続き代行 買取に出すなら

廃車したいが牽引ってアリ?車検切れや不動車など交通違反の境界線は?

更新日:

様々な理由で廃車を検討される方がいますが、その際に気になるのは「この車、牽引車で持っていけるのかな?」という事でしょう。

物理的には大丈夫でも、何か法律的にマズい気がするのであれば、こちらで違反になる境界線を説明していますので、ぜひご参照下さい。

車検切れの車は牽引できる?

車検切れの廃車

まずは車検切れの車の牽引についてご紹介しましょう。

走行性能自体には問題無し

通常、車を廃車にしようと思うと、解体業者だったり買取業者の元まで走らせていく必要があります。

しかし、車検切れの車に関しては、公道を走る事を許されていない車という事になりますので、完全にNGです。

よって、別の方法で運搬する必要がありますが、その方法の一つとして候補に挙がるのが牽引車です。

事故魔
も雪山で崖に突っ込んだ際は、

牽引車にお世話になりました。

牽引車の使用可否

では、結論から言いますと、車検切れの車の場合は牽引車によって引っ張られる場合であっても、公道の走行に該当しますのでアウトです。

これが判明すると、モロに交通違反になってしまうのです。

一見、エンジンをかけていないので牽引に関しては大丈夫に思えるでしょうが、車検切れの車がタイヤ周りに問題を抱えている場合は、タイヤを転がしている時点で危険な運転と判断されるのです。

車検切れの車の運搬方法は?

そうなると、車検切れの車の運搬はどのような方法で行えば良いのでしょうか?当然この問題を解決出来る方法は存在しておりますし、その方法としては全部で3通りございます。

車検に通す

1つは車検を通すという方法です。

ただ、もともと廃車にする予定の車ですので、車の移動の為だけに大金を出してわざわざ車検に通す事にメリットはありません

なので、この方法は不採用です。

仮ナンバーの取得

2つ目の方法は、仮ナンバーを取得するという方法です。

仮ナンバーは、限定された用途にのみ走行する事を許可される制度で、廃車のための移動に限定させて公道を走らせる事が可能となります。

ただ、この方法もわざわざ仮ナンバーの取得を行うだけの手間をかける価値がないので、基本的に次に紹介する方法で移動させる事になるでしょう。

レッカー車の手配

そんな3つ目の方法が、買取業者が手配するレッカー車での移動となります。

レッカー車であれば、敷地内でレッカー車に乗せるためだけの移動になりますので、車検切れの車でも問題ありません。その後も、タイヤが直接道路に触れる事なく運ばれるので、この方法が一番手間が少なくて済むでしょう。

 

不動車の牽引はOK?

不動車の廃車

続いては、不動車の牽引についてです。

ここでの不動車は、車検自体は有効期限内である事が条件となります(車検切れの場合は前述の方法での移動となります)。

不動車の場合は、その他の条件次第では牽引車による牽引も可能でございます。

牽引可能な不動車

まずは牽引が可能な不動車ついて見てみましょう。

牽引可能な条件としては、まずは先ほども記載の通り車検が切れていない状態である事。

そして2つ目の条件は、タイヤが問題なく回転する事です。

至極当然の話ではありますが。牽引はあくまでも不動車を引っ張って移動させる方法ですので、引っ張られる車のタイヤが回転しなければ移動させる事はできません。

牽引不可能な不動車

これに対して、牽引ができない不動車の特徴としては、上記の反対で、タイヤが回転しない車の場合です。

さらに言うと、タイヤは回転はするがパンクしている場合についても牽引は不可能となります。

というのも、パンクしている車の牽引は、ホイールが国の所有物である道路を傷つけてしまう可能性があり、更に牽引走行時に不安定に蛇行してしまう危険があるのです。

そういった面から、安定してタイヤが回転しない不動車に関しても牽引はできません。この場合はその旨を買取業者に伝えて、牽引車ではなくレッカー車の手配をしてもらう様にしましょう。

 

レッカー車ってどうなの?

レッカー車で廃車の輸送

以上が廃車の際の牽引の可否の条件となります。

可能な場合はそのまま牽引車を使っても問題ありませんし、牽引NGな状況だった場合はレッカー車での運搬を行いましょう。

と、ここで気になるのは、やはりレッカー車の手配やその料金でしょう。

レッカー車の手配

まずはレッカー車の手配についてですが、基本的には廃車買取業者が手配してくれるでしょう。

大手の廃車買取業者であれば、基本的にレッカー車の手配を行える手段を持っているでしょうから手配に関しては安心して良いでしょう。

ただし、地域密着系の廃車買取業者の場合は、レッカー車の手配ができない場合がございますので、そういった場合は自分で手配を行う必要がございます。

レッカー車の料金

続いて、レッカー車の料金について。

廃車買取業者がレッカー車を手配される場合、その料金は実は業者によってまちまちです。

カーネクストの様にレッカーの手配も無料でやってくれる業者もいれば、別途レッカー代として請求してくる業者もいますので、その点は事前に確認が必要ですね。

なお、自分でレッカー車の手配を行なった場合は、1万〜3万円ほどの費用が必要になります。

 

手っ取り早くレッカー無料の業者に

レッカーが無料のカーネクスト

この事から、状況次第ではレッカー車の手配に大きな出費が伴ってしまう可能性があるのです。

しかも、これは業者ごとに異なる内容ですので、廃車の依頼をされる業者を1社ずつ確認する必要があるでしょう。

事故魔
メ、メンドクセー。。。

こういった確認は基本的に電話での対応が必要になる事が多いので、電話をかけた時点で業者からレッカー車以外の事も質問されて時間がかかってしまう事でしょう。

なので、こういった面倒事を回避するために、そもそもレッカー車や他の手数料が全て無料と分かっているカーネクストに依頼されるのが一番手っ取り早いでしょう^^

カーネクストであれば、車が不動車でも車検切れの車であっても、むしろどんな状態の車であっても買取・引き取りを行ってくれますので、調べる手間さえ省く事が可能となるのです。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

事故魔

人生で何度も車で事故を起こし、不名誉ながら廃車の知識が豊富になってしまった会社員。 おそらく、私の人生でこれ以上事故を起さない(ハズ)ですので、せっかく培った知識を無駄にしないためにこのサイトでシェアしたいと思います。

-手続き代行, 買取に出すなら
-,

Copyright© 事故って廃車にしたった! , 2021 All Rights Reserved.