各社の比較

買取に出すなら

廃車買取業者6社を比較してみた。こう見るとやはりダントツ?

更新日:

現在、世の中には様々な廃車買取業者が存在しています。

なので、廃車の買取を依頼しようと思っても、全てを調べるのはとても骨の折れる作業になってしまいます。

そこで、ここでは廃車買取業者各社の比較をしたデータをご紹介いたします。

カーネクスト

カーネクスト

まずは、私が廃車を2回とも依頼したカーネクストについて見ていきましょう。

営業時間8〜22時
定休日年中無休
訪問査定なし
手数料完全無料
還付金あり
キャンセル手数料3万円

朝の8時から電話可能なのは非常に助かる

カーネクストのサービスの中で、個人的に一番便利だと感じたのは、やはり年中無休で営業時間が長い事でしょう。

夜の22時まで電話可能な業者は少ないですが、朝の通勤前に電話できる時間帯に営業されている業者はカーネクスト以外には知らないです。

カーネクストの場合は8時から電話可能ですので、通勤中に電話する事ができ、申し込みや手続きなどスムーズに進める事ができました。

なんでも買い取ってくれる

また、あまりにもボロボロになってしまった車は、他の業者では敬遠されますが、カーネクストの場合はそう言った車でも普通に買取が可能です。

例えば、野ざらし状態でサビサビの車であっても、タイヤが転がらない車でも無料のレッカー車で運んでもらえますので、対象外となる車は無いといえるでしょう。

買取価格の提示が正直

廃車買取業者の中には、自動車税の還付金などを査定額に合算して伝えるところがございます。

しかし、カーネクストの場合は電話で最終的な査定額を提示してくれるのですが、その料金とは別で還付金を受け取る事ができるのです。

なので、買取価格に還付金の費用も加えて、いかにも高額査定のように見せる紛らわしい方法ではなく、買取査定額はあくまでも車自体の買取業者価格として提示してくれるのです。

キャンセル手数料

成約後のキャンセル手数料に関しては、カーネクストでも必要になります。

もちろん、査定額の提示だけされている状態からのキャンセルは無料で可能ですが、そこから正式に契約されてからのキャンセルは一律3万円の費用が発生しますので、注意しましょう。

キャンペーンあり

カーネクストには、廃車買取業者では珍しくキャンペーンが充実しています。

廃車引き取り日の56日前の成約で、5,000円のクオカードをもらえたり、紹介や同時複数台の買取など合計5つのキャンペーン(この記事の作成時)がございます。

事故魔
私の場合はリピート割の適用をしてもらいました^^

 

ハイシャル

ハイシャル

続いてはハイシャルという廃車買取業者のご紹介となります。

営業時間9〜22時
定休日年中無休
訪問査定なし
手数料完全無料
還付金あり※
キャンセル手数料3万円

還付金と査定額に注意

ハイシャルは最近良く広告で見かける業者で、評判もそこまで悪く無いので、十分に買取に出す価値のある業者と言えます。

ただし、電話査定の際に提示される金額には注意が必要です。

というのも、ハイシャルの査定額には自動車税などの還付金も含めた金額で提示されますので、実際の買取の金額は提示額よりも低くなります。

提示される金額はあくまでもすべてを合算した金額ですので、もともと返ってくる還付金を除かないと車単体の買取価格はわからないと覚えておきましょう。

その他はGOOD!

ハイシャルに関しては、他の項目には問題ありません

年中無休ですし、営業時間もカーネクストよりは短いですが、夜の22時まで営業していますので、朝が無理でも仕事終わりであれば電話が可能です。

キャンセルに関しても査定時のキャンセルは可能です、成約後のキャンセルは3万円という点は共通している項目ですね。

 

廃車王

廃車王

次にご紹介するのは廃車王という買取業者のご紹介です。

営業時間9〜22時
定休日年中無休
訪問査定なし
手数料基本無料
還付金あり
キャンセル手数料不明

手数料がかかる可能性もある

この廃車王も基本的に廃車にかかる費用や手数料は無料になっていますが、レッカー車への積載が困難な場合などは別途費用がかかる事がございます。

これに関しては、明確な線引きは公開されていないので、そういった状況になってみないと何とも言えない部分となります。

もちろん、そういった立地や状況で廃車依頼をされる方は少数派かと思いますが、もし該当しそうな環境の場合は念のため完全無料の業者を選択されるべきでしょう。

キャンセル手数料は不明

続いて、途中キャンセルの際の手数料についてですが、廃車王に関しては該当する情報が一切ありません

査定後のキャンセルに関しては情報があり、これは他社と同様に無料となっていますが、成約後のキャンセルについては本当に情報がなくかなり未知数な部分です。

なので、もし検討される場合は絶対にキャンセルを行う要因が無い状態で契約を交わしましょう。

NGP日本自動車リサイクル事業協同組合が運営

廃車王はNGP日本自動車リサイクル事業協同組合という組合が運営しているサービスです。

なので、信用度に関しては小規模会社や個人店に比べると格段に高いと言えるでしょう。

 

廃車本舗

廃車本舗

4つ目に紹介する業者は廃車本舗という廃車買取業者です。

営業時間9〜22時
定休日年末・お盆以外は営業
訪問査定あり
手数料基本無料
還付金あり※
キャンセル手数料3万円

還付金を含んだ査定額

廃車本舗もハイシャルと同様に、買取業者査定額に還付金も含んだ金額の提示を行います。

なので、提示額自体が高く感じても、車の買取価格だけを見た場合に少ない可能性がありますので、査定をされる場合はその内訳や還付金についても確認が必要になります。

大型連休はお休み

廃車本舗では基本的に年中無休ですが、年末年始やお盆などはお休みを取られているようです。

まぁ、私が働く側であれば休みにして欲しいと思いますが、ユーザーとしては大型連休は色々と整理しやすい時期ですので、廃車系のサービスは稼働して欲しいですね。

なお、営業時間に関しては1番とは言えませんが、9〜22時と長い方ではございます。

引き取り日に注意!

廃車本舗については、もう一点注意点がございます。

それは車の引き渡しが日曜日に対応できないという事です。

日曜日にコールセンターへの電話は可能になっていますが、車の引き取りに関しては残念ながら平日と土曜日だけなのです。

 

ビッグエイト

ビッグエイト

5つ目の廃車買取業者としてはビッグエイトが挙げられます。

営業時間9〜17時
定休日日・祝
訪問査定なし
手数料あり
還付金あり※
キャンセル手数料あり

規模が小さい?

ビッグエイトはテレビでも放置車の番組で取り上げられた会社ですので、そう言った点では知名度は高い会社です。

ただ、営業時間が少なくしっかりと定休日も日・祝と定められている為、規模的には小さい業者のように思われます。

ただ、引き取り業者は全国に協業が存在しているので、そう言った面では安心できる業者です。

車の移動・運輸支局での手続きは有料

ビッグエイトでは、車を最低でも4,000円以上で買い取る事を約束されている業者ですので、一見確実に利益の出る廃車先に思われるでしょう。

しかし、廃車買取業者としては珍しく、車の輸送や運輸支局での廃車手続きは有料として設定されているのです。

もちろん、自分で車の持ち込みを行い、平日に運輸支局まで廃車申請を行えばこれらの手数料は無料になります。

なので、最終的なトータルとしては4,000円のアドバンテージも消えてしまう可能性がある為、メリットとしては小さいように感じられます。

 

廃車ドットコム

廃車ドットコム

最後に6つ目の廃車買取業者としては買取業者ドットコムという会社を挙げられます。

営業時間10〜18時
定休日なし
訪問査定なし
手数料基本無し
還付金あり
キャンセル手数料不明

営業時間は短め

廃車ドットコムは、他社と比較すると営業時間が短めに設定されていますので、比較的時間に余裕がある方にお勧めできます。

もちろん土日も営業をされているので、一般的な会社員の方でも利用は可能ですが、平日の仕事帰りに電話で対応する事は難しいでしょう。

車の引き取り日は注意

廃車ドットコムは協業会社で担当エリアを分担しているサービスですので、車の引き取りができる日がエリアによって異なります。

しかも、担当エリアの会社の休業カレンダー次第となりますので、日程の確認は電話してみないと判断できないのです。

また、電話でお問い合わせをする際、電話番号は一つだけですが電話を行ったエリアごとに、担当会社へ自動転送される仕組みとなります。

条件が揃えば即日現金支払いも可能

廃車ドットコムは、車の引き取り日の段階で必要書類をすべて揃え、不備などがなければその日のうちに買取価格の現金支払いが可能です。

なので、即金でお金が欲しいという方にはお勧めできるサービスです。

 

おすすめの廃車買取業者

以上の事から、個人的にお勧めできる業者は、

  • カーネクスト
  • 廃車王
  • ハイシャル

の3つの業者となります。

もし、この3つの業者の中から1番を決めるとすると、やはりダントツでカーネクストがお勧めできるでしょう。

カーネクストは何と言っても8時から電話が可能である事が大きいです。

申し込み時だけではなく引き取り当日に緊急事態があれば、8時から窓口が開いているのでイレギュラー対応が可能です。

また、キャンペーンの利用と還付金別の査定額を合わせると、何気に買取価格もかなり底上げができるので、金額的にも満足できるでしょう。

そして何より、実際に2回もお世話になっている業者ですので、「利用した事があるサービス」ほど安心して人にオススメできるものはないでしょう^^

最後にカーネクストの注意点をお伝えしておくと、キャンペーンの適用は申し込み時にオペレーターに口頭で「キャンペーン希望」と伝える必要がありますので、それだけはお忘れなく!

https://carnext.jp

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

事故魔

人生で何度も車で事故を起こし、不名誉ながら廃車の知識が豊富になってしまった会社員。 おそらく、私の人生でこれ以上事故を起さない(ハズ)ですので、せっかく培った知識を無駄にしないためにこのサイトでシェアしたいと思います。

-買取に出すなら
-, ,

Copyright© 事故って廃車にしたった! , 2021 All Rights Reserved.