抹消登録

車検切れの車を廃車する際、所有者がディーラー名義だった場合の対処方法

更新日:

乗らなくなって車検が切れた車を廃車にしようと思った際、何と「車の所有者が自分ではなくディーラーの名義になっていた」という事をよく聞きます。

実際、ディーラーで新車をローンで購入されている場合、そうなっている事が多いです。

この場合は、どの様にして廃車手続きを行うのかをご紹介いたします。

車検切れだけで見ると?

車検切れで廃車

まず、車検切れという部分に着目してご説明いたします。

実は車検が切れている車であっても廃車手続きは問題なく行う事ができるのです。

たとえ車検が切れてしまっても車としては問題もなく、車検自体は後からでも受ける事ができます。なので、車検切れにより制限がされるのは、公道での走行が出来ないという事だけなのです。

よって、車検が切れている場合は、廃車手続きの際にその車を運転して解体工場まで自走したり、運輸支局への廃車手続きに向かう事はできませんので、その点は注意が必要でございます。

そこさえ注意すれば、廃車手続きを進めてしまって大丈夫です。

 

所有者がディーラーの場合の廃車

ディーラーでの廃車

では、車検が切れている状態で、なおかつ自分や家族名義ではなく、所有者がディーラー名義で登録されている場合はどうでしょう。

この場合は、結構面倒な手続きが必要になりますので、あらかじめ把握しておきましょう。

別名義の車の廃車

結論から言いますと、名義がディーラーになっている車の廃車は、利用者名義の人であっても勝手に廃車手続きを進める事はできません。

廃車手続きで重要なのは、あくまで所有者に設定されている名義の人が手続きを行うことですので、この状態では使用者でも廃車手続きを進めることはできないのです。

名義変更して廃車手続きは?

ディーラー名義の車の廃車ができないという事ですが、これを回避するために自分名義に変更する方法はどうでしょうか。

もちろん、この方法は新車購入時のローン完済が完了しているという条件が必要になります。

通常、名義変更が完了すれば自分が所有者となるので廃車手続きも可能となりますが、残念な事にここでの条件では適用できないのです。

なぜなら、名義変更の申請を「車検切れ」という状態が邪魔してしまうのです。

つまり、ディーラー登録の車の名義変更を行い、廃車手続きを行うには以下の2つの条件の両方が揃っている必要があるのです。

  • ローン完済
  • 車検が切れていない
事故魔
こんな状況ですが、
ちゃんと廃車手続きを行う方法は
残っていますので、ご安心を。

 

別名義の車の廃車方法

書類の書き方

それでは、ここらは車検切れでディーラー名義の車の廃車方法をご紹介したいと思います。

方法としては2通りの方法がございますので、それぞれのパターンでご紹介いたします。

ディーラーに丸投げ

まず一つ目の方法は、一番手間がかからない方法です。

その方法とは、廃車手続きをディーラーに丸投げするという方法です。

この方法であれば、所有者であるディーラーが廃車手続きを行う事になりますので、何の問題もなく廃車申請を完了させる事ができるでしょう。

ただし、この方法には1つ注意点があります。

それは、ディーラーに廃車を依頼する事になりますので、ディーラー側から廃車手続きの事務手数料として1万〜2万円の手数料を取られる事があるのです。

この辺りはディーラー次第な部分となりますので、すべてのディーラーに当てはまる事ではありませんが、私が聞いた事のある中では基本的に手数料は発生しています。

なので、ディーラーに廃車を丸投げするという方法は、お金がかかるが非常に楽と覚えておきましょう。

委任状を用意してもらう

2つ目の方法は、名義はディーラーのままで自分で廃車手続きを行う唯一の方法となります。

具体的には、ディーラーに委任状と廃車手続きに必要な書類を準備してもらうという方法となります。

廃車の買取の実際の体験談
【見落とし厳禁!】廃車手続きの必要書類って何がある?一覧と入手方法

続きを見る

必要な書類に加えて委任状が手に入れば、「自分がディーラーの廃車手続きを代行している」状態となりますので、車検切れだろうがディーラー名義の車だろうが廃車申請を完了させる事ができるのです。

この方法は、前述の丸投げに比べて自分で手続きを行う分、手間は増えてしまいます。ただし、代わりとして事務手数料は不要になりますので、コスト面では優れている方法といえるでしょう。

 

手間と金額、両方を兼ね備えた方法

最後に、全く別の廃車方法についてご紹介しましょう。

この方法は、上記でご紹介した2通りの方法のメリットだけを総取りした方法となります。

具体的には「手続きは相手に任せる」という事と「手数料なしで廃車する」という2点です。

この方法は特に難しいという事はなく、単純にカーネクストに依頼するという方法です。

もちろん名義はディーラーのままですので、ディーラーに必要書類(委任状を含む)に加えて譲渡証明書こちらからダウンロード可能)の準備をしてもらう必要はございます。

それが揃えば後は家までカーネクストさんに車を取りに来てもらって、それらの必要書類を渡すだけでございます。

この方法であれば、書類の準備はディーラー任せでその書類をカーネクストに渡すだけですし、運輸支局での廃車手続きはカーネクストに丸投げなので、凄まじく楽チンです^^

しかも、手数料はかかりませんし、何より廃車買取ですので買取価格がつけば逆にお金をもらえる事になりますので、メリットしかない状態といえるでしょう!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

事故魔

人生で何度も車で事故を起こし、不名誉ながら廃車の知識が豊富になってしまった会社員。 おそらく、私の人生でこれ以上事故を起さない(ハズ)ですので、せっかく培った知識を無駄にしないためにこのサイトでシェアしたいと思います。

-抹消登録
-,

Copyright© 事故って廃車にしたった! , 2021 All Rights Reserved.