ディーラーでの廃車

費用について

ディーラーで廃車を行うと費用はどれくらい?他にお得な方法は?

更新日:

車の購入時にお世話になったディーラーがある場合、買い替えや廃車の際に相談しやすいと言う理由から、同じディーラーに依頼しようか検討されることでしょう。

そこで気になるのが、その際の費用です。

今回はディーラーで廃車を依頼される場合の費用に加えて、他の方法で廃車を行うとどれだけお得になるかをご紹介いたします。

ディーラーで廃車した際の費用

廃車にかかる費用

では早速、ディーラーで廃車手続きを行った場合の費用についてご紹介しましょう。

ただ、一言に廃車と言ってもその種類は2つあり、中古車として再販する場合の廃車と、完全に解体・スクラップするタイプの廃車とに分類されます。

それぞれで必要になる費用の種類が変動しますので、別々に見てみましょう。

中古車で販売できる場合

まずは中古車として販売するケースです。

この場合は、再販が出来る車と言うことですので、当然走行や外装などには問題が無いことが最低条件としてあげれます。

その他にも、中古車買取業者とは異なり、ディーラーで再販できることも条件として必要になりますので、走行距離が多くなく、車自体もある程度新しい車種である必要があります。

これらの条件を満たしていれば、ディーラーで中古車として廃車手続きが可能となります。

この場合、手続きとしては「一時抹消登録」という廃車となります。

そして、費用として必要になるのは以下の通りです。

印鑑登録証明書350円
廃車申請代行費用10,000~20,000円前後
印紙代350円
合計10,700~20,700円前後

当然、中古車としての買い取ってもらっている状態ですので、これとは別で買取金額を受け取ることが可能でございます。

ただし、注意点としては、ディーラーでの買取価格は相場よりも安くなる事がほとんどですので、金額的には期待されないほうが良いでしょう(理由は後述)。

完全に廃車にする場合

続いて、車を解体・スクラップして完全に誰も乗れなくする廃車の場合でございます。

こういった状態の車をディーラーに持ち込まれること自体、ほとんど無い方法となりますが、念のためご紹介いたします^^

この廃車方法をされる場合は、今後運転されることが無い車という扱いとなりますので、「永久抹消登録」が必要になります。

費用面で一時抹消登録と大きく異なる可能性がある点としては、自走が出来ずにディーラーまで車を持っていけない場合です。

こういった場合には、別途レッカー車の手配が必要になりますので、以下の通り比較的高額になるケースがあります。

レッカー代10,000~20,000円
印鑑登録証明書350円
廃車申請代行費用10,000~20,000円前後
合計20,350~40,350円前後

当然、廃車ですので買取価格はつきません。

事故魔
ディーラーがただただ廃車の代行を行っているだけの状態ですね。

 

ディーラーでの廃車は非推奨?

オススメできない方法

以上のことから、ディーラーで廃車を依頼される場合は、どう転んでも費用が発生してしまうのです。

もちろん中古車として売ることが出来る一時抹消登録であっても、廃車にかかる費用は必要になりますし、前述の通り市場価値よりも低い金額で買い取りになる可能性があります。

もちろん、これにはしっかりと理由はございます。

ディーラーの本分は売ること

まず、そもそもディーラーという立ち位置としては、新車を売るという事が目的として存在しているものです。

中古車販売業者とは異なり、買取金額と再販金額の差額が売り上げのメインではなく、新車を売ることで利益を得ている業態となります。

なので、買取を行うこと自体に積極的な姿勢で挑むことは無く、むしろ嫌がられる傾向にあるのです。

これが、市場価値よりも低い金額で買取を行っている理由です。

双方にメリット無し

そうなってくるとディーラー側としても、扱いに困る中古車が手元に残ってしまい、場所と時間が割かれてしまう。

こっち側としても、比較的新しく綺麗な車であっても、中古車販売業者に売るよりも大幅に安い金額での買い取りになってしまいます。

新車を同じディーラーで購入する場合は、手間が省けると言うメリットはありますが、それ以上に売却益を大幅に落としてしまう可能性を考えると、トータルで見ると大抵の場合はデメリットになってしまうでしょう。

となると、いよいよディーラーで廃車を行う意味は無くなってしまうのです。当然中古車としての廃車でも、スクラップにする廃車であってもです。

 

お得に廃車を行うには廃車買取業者

廃車の買取を行う業者

では、どういった方法で廃車を行うことが一番お得に出来るかと言うと、やはり廃車買取業者に依頼されると言う方法となります。

もちろん、ここで言う「廃車」とは単純に解体・スクラップを行う廃車のことだけではなく、中古車としての廃車の区分もしっかりと含まれております。

廃車買取業者のメリット

廃車買取業者で廃車の買取を出すことには、ディーラーで廃車に出すよりもはるかに多くのメリットがございます。

市場価値と同等の金額で買取

まず一つ目のメリットは、やはりその買取価格でしょう。

その車の市場価値の値段で買い取ってくれるので、ディーラーのように損をすることはありません。

不動車でも買取可能

2つ目のメリットは、故障や事故により走ることが出来なくなった不動車であっても買取が可能と言うことです。

これは、車としての価値はなくなっていますが、その鉄資源やパーツ自体に買取価格を設定されているためです。

なので、通常は廃車にする事でマイナスになってしまう状況だとしても、廃車買取業者に依頼されるだけでプラスに逆転するのです。

手数料が完全に無料

これに関しては、全ての廃車買取業者で共通しているとは言い切れない内容となりますが、私が実際に買取を依頼したことがあるカーネクストさんであれば、廃車にかかる費用が全て無料となります。

上記でディーラーの廃車の例をあげましたが、レッカー車であったり代行手数料などがカーネクストさんでは完全に無料で手配してくれるのです。

オススメの廃車買取業者

ここまでの内容で、廃車買取業者を利用すること自体のメリットは把握できるでしょう。

では、そんな業者の中でもどういった業者を選べばいいかと言うと、やはり最もコストを抑えられる業者でしょう。

もっと具体的に言うと、車の運搬費用が無料で、解体の手数料もなし、加えて運輸支局での抹消登録の代行を行ってくれて尚且つ代行費用も無料で提供してくれる業者でしょう。

 

なお、私は廃車経験は豊富ですが、廃車買取業者はカーネクストさんしか知りません。

ただ、カーネクストさんの場合は、上記の条件を全てクリアしている業者に分類されますので、個人的には下手に別の業者を探すよりかは安全に依頼が出来る業者と言えるでしょう。

廃車を売るならどこがおすすめ?もっともコスパと手間を重視した場合

続きを見る

 

ディーラーでは新車購入のみ依頼

ディーラーでは廃車ではなく新車購入を

以上の事から、それぞれのお店に依頼される内容は、それぞれのお店が得意とする申し込み内容一番お得に、そして安心して取引が出来ると言うことになります。

ディーラーであれば、新車購入に特化したお店ですので、新車購入時には存分に価値を提供してくれるでしょう。

対して、持っている車の廃車を行うのであれば、やはり廃車を専門としている廃車買取業者へ依頼されたほうが、お互いにメリットのある取引が可能になります。

 

もし、買い替えを検討されている場合は、申し込み先がディーラーと廃車買取業者の2つになり手間が増えるように思われるでしょう。

しかし、そんな時はカーネクストさんのような業者であれば自宅まで車の引き取りに来てくれるので、そういった点でも手間は少なくメリットは大きいと思います。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均: 4.00 / 5)
読み込み中...
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

事故魔

人生で何度も車で事故を起こし、不名誉ながら廃車の知識が豊富になってしまった会社員。 おそらく、私の人生でこれ以上事故を起さない(ハズ)ですので、せっかく培った知識を無駄にしないためにこのサイトでシェアしたいと思います。

-費用について
-

Copyright© 事故って廃車にしたった! , 2021 All Rights Reserved.