比較

手続き代行

廃車を業者に代行依頼すると費用はどれ位?目安と費用を0円にする方法

更新日:

車を廃車にしたいが自分で手続きするのは面倒臭い。

かといって、業者に代行依頼をした場合、手数料等どれ位の費用が必要になるのか分からず不安になる。

そんなお悩みをお持ちの方に、今回は廃車代行にかかる費用の目安などをご紹介いたします。

業者依頼でかかる費用

オススメの廃車買取

業者に廃車の代行を依頼した場合、大まかに分けて次の項目で費用が発生する事があります。

  • 車の輸送費
  • 解体手数料
  • 手続き代行手数料
  • 事務手数料

それでは早速、それぞれの項目をもう少し詳しく見てみましょう。

車の輸送費

一つ目は車の輸送費です。これは車を解体業者まで運搬する事に対する費用となります。

不動車の廃車の際にレッカー車の手配が必要になりますので、主にレッカー代金として請求されます。ただ、自走可能な車の場合でも、業者スタッフが運転して帰る場合などはその人件費としても輸送費用の請求が行われる事があります。

この項目の目安としては、1万5,000円前後で見ておけば大丈夫でしょう。

解体手数料

続いては、車を解体工場で解体する際に必要になる費用、解体手数料です。これは業者によっても振れ幅が大きな費用項目となり、目安としては1万円前後で考えておけば大丈夫でしょう。

なお、解体を伴わない廃車(一時抹消登録)であれば、この費用はかからない事があります。

事故魔
悪質な業者の場合、解体していないのに

解体手数料を請求する場合もありますので、注意が必要です。

手続き代行費

次に、運輸支局での廃車申請の代行手数料です。

この代行手数料は、一般的に1万円未満で推移していますので、そこまで心配する必要はありませんが、ディーラーなどに依頼した場合は1万円を超えることもありますので、事前に確認が必要な項目ではあります。

事務手数料

最後に、事務手数料が費用として請求される事があります。

この項目に関しては、基本的には3,000円に消費税の3,240円であることが多いです。

もちろん、この部分も業者のさじ加減で決定できる項目ですので、安い場合もあれば逆に高く設定されている可能性もございますので、念のため注意が必要な項目です。

廃車代行費用の合計

輸送費15,000円
解体手数料10,000円
手続き代行費10,000円
事務手数料3,240円
合計38,240円
事故魔
こう見ると結構な金額になりますね(汗)

実際に、私も廃車を行ったことがありますが、正直これだけの金額が必要になっていたら、さすがに凹んでいたでしょう^^;

ただ、ご安心ください

私が廃車にした際は、これらの費用が全て無料にする事が出来ましたので、ここからはその方法についてご紹介いたします。

 

廃車の代行費用を0円にする方法

各社の比較

それでは、上記のように廃車の代行費用にお金がかかるのは嫌だという方は、ここから紹介する方法をオススメできるでしょう。

この方法であれば、廃車の代行費用は0円になりますし、むしろ幾らかのお金が返ってくることもあるのです。

その方法とは、カーネクストに廃車の代行依頼を行うという方法になります。

なぜ廃車代行の費用を0円にできるのか?

通常、解体業者に持ち込まれた車というのは、そのままスクラップにされてポイするというのが一般的です。

しかし、カーネクストで廃車の依頼をした場合は、スクラップにする前に価値のあるパーツをバラして、使えるものはそれをリサイクルする販路を持っているのです。

更に車の車体自体は巨大な鉄資源ですので、その鉄資源も売ることができるためこの時点で利益の確保が可能なのです。

なので、その分の利益からレッカー車や運輸支局での廃車代行の人件費などを相殺することができるのです。

これがカーネクストが廃車代行費用を0円にできる理由なのです。

事故魔
そういった販路を持っていることから

本当にゴミ屑のような廃車でも0円で可能なのです。

逆に買取価格がつく事も!?

更にカーネクストで廃車代行を依頼することには、他にもメリットがあるのです。

それは、カーネクストが廃車買取業者であることから、廃車の買取を行ってくれるのです。

すなわち廃車に費用が掛かる事がないどころか、逆にお金がもらえるのです。

事故魔
マイナスがプラスになるのは本当にありがたい!

ちなみに、買値がついても二束三文だろうと思っていた車が、予想以上に跳ね上がる事もあるのです。。。

高く売れる車

カーネクストでは、どんな車でも買取が可能です。不動車であっても、事故車であっても、水没車でさえ買取を行ってくれます。

当然、何十万キロも走っている様な車の買取も行っているのですが、この多走行の車の中には市場相場よりも高額な金額で買取されることがあるのです。

その車とは、海外で需要が高い車などが挙げられます。

もともと日本車は海外では人気のある車なのですが、カーネクストはなんと海外への再販ができる販路も持っているのです。

特に、多走行のハイエースなどが日本で中古車に出しても数千円にしかならないので、カーネクストなら数万、数十万円となる可能性を秘めているのです。

 

廃車代行の業者選びは超重要!

以上のことから、基本的に廃車の代行を依頼するのであれば、カーネクストに依頼するのが間違いないです。

私がカーネクストに廃車依頼をしたのは、残念ながら2回とも事故によってペシャンコになった車でしたので、買取価格は0円でした。

それでも通常は3万円強もかかっていた廃車費用が0円で済んだのは、事故直後の私にはかなりの救いでした。

なので、事故や放置で不動車になってしまった車であっても、高値で売れる可能性を持った自走可能車の廃車であっても、カーネクストに依頼されるべきでしょう。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

事故魔

人生で何度も車で事故を起こし、不名誉ながら廃車の知識が豊富になってしまった会社員。 おそらく、私の人生でこれ以上事故を起さない(ハズ)ですので、せっかく培った知識を無駄にしないためにこのサイトでシェアしたいと思います。

-手続き代行
-

Copyright© 事故って廃車にしたった! , 2021 All Rights Reserved.