カーネクスト

買取に出すなら

廃車を売りたいならどこがオススメ?私が2回も依頼した業者をご紹介

更新日:

持っている車を廃車で売りたいと思った場合、売りに出せる買取業者が幾つかあり選択に悩むでしょう。

しかも、地方のみで廃車買取を行っている業者もありますので、それらを全て比較するのは大変かと思われます。

そこで、ここでは実際に私が廃車を売ったカーネクストについてご紹介いたします。

2回ともカーネクストで廃車を売った

事故と保険金

私は他のページでもご紹介している通り、車での事故を何度も起こしています。

幸い交通違反による事故などでは無いので、免許の点数は残っており現役ドライバーではございます。

事故魔
特にスノボー旅行の往復時に、

アイスバーンによる事故が多いですね・・・。

※当然、スタッドレスも履いていました。

そんな事故の中には、車が廃車になるレベルの大きな事故もあり、その時にカーネクストさんにお世話になった事があるのです。

私のアイコンの写真は2tトラックと衝突して入院した時の写真で、愛車のミニクーパーがペシャンコになりました。もちろん、この時も車をカーネクストに、いや、カーネクスト様に買い取っていただけました。

事故魔
マジ、感謝!

ちなみにこの時は、2回目の廃車買取でしたので、キャンペーンリピート得売で4,000円もらえましたw

 

カーネクストをオススメする理由

各社の比較

それでは、ここからは私がカーネクストをオススメする理由についてご紹介いたします。

当然、単に一度使った事があるからという理由だけではなく、色々と比較検討した結果での推奨となりますので、それなりに参考になる情報かと思います。

微妙なラインの車

まず、一つ目のオススメポイントは、廃車にするか中古車で売るか微妙なラインの車でも適正価格で買い取ってくれるという点です。

通常、廃車買取専門業者は廃車(解体・スクラップ)にする事を前提に買取りますので、買取価格は鉄資源などの価値のみで算出されます。

次に、中古車買取業者の場合は買取価格と再販価格の差額で利益を取っていますので、市場価値の無い車の買取は行わない、もしくは買取出来ても二束三文程度となります。

なので、市場価値はありそうだけど廃車になる可能性もあるような微妙な立ち位置にある車は、どちらに持ち込めば適正価格で売れるか判断できない状態と言えます。

ただ、カーネクストの場合は、廃車買取がメインではありますが、車をメンテナンス後に再販できる販路も持っているため中古車買取業者としての一面も持っているのです。

つまり、廃車買取(鉄としての買取金額)のつもり持ち込みしたが、市場価値がある車であれば普通に中古車買取と同等の金額で買い取ってくれるのです。

査定額が下がらない

続いてのオススメポイントは、査定額が下がらないという点です。

通常、車を売る場合は問い合わせ時に一旦の料金を提示され、訪問査定時に車の状態を確認して最終的な査定額を提示します。なので、思った以上に減額されてガッカリする事になるのです。

しかし、カーネクストの場合は電話で車の詳細な情報を伝えれば、その場で最終査定額を提示してくれるのです。

なので、訪問してくるタイミングは単純に車の引き取りだけを行いますので、査定額を確定させた状態で迎える事が出来るのです。

事故魔
個人的に、ここが一番のメリットですね^^

受付時間が長い

次のオススメポイントは受付時間が長いという点です。

これはサラリーマンや不定休、夜勤従事者にとってはかなりのメリットになる部分で、カーネクストは年中無休で8〜22時まで電話が可能なのです。

廃車買取も基本的に会社ですので、始業時間が9時である事が多いです。そうなると、会社員としては同じく9時に始業となりますので、平日の午前中に電話を行う事ができなくなるのです。

その点、カーネクストであれば通勤時に電話しながら移動する事ができますので、申し込み〜契約などの手続きをスムーズに行う事ができるのです。

手数料が無料

手数料が無料である点もオススメポイントの一つです。

「手数料無料」はよく聞く文言かもしれませんが、カーネクストの場合は全ての手数料が完全に無料です。

レッカー車の出動が必要な場合でも別途費用がかかることもなく、運輸支局での印紙代350円代行手数料事務手数料なども何一つ手数料として徴収される事は無いのです。

売るまでは手数料無料だが、そこから先の運輸支局での代行手続きの手数料で1万円とられる業者もありますので、それと比較するとかなり強力なメリットでしょう。

その他

その他にも、全国に展開されているので、地方でも車の引き取りが可能である点や、前述のように地味に活用できるキャンペーン、最低でも0円買取や還付金の還元がある点など。

これらは善良な業者であればどれも該当するメリットではございますが、残念ながら全ての業者で当てはまる内容ではないのでその点は注意しましょう。

 

廃車を売るなら一番無難な選択

以上のことから、基本的に廃車を売るのであればカーネクストに依頼されるのが一番無難と言えるでしょう。

確実に損する事はなく、車によっては予想以上に高く売れる事もある。

申し込みやお問い合わせ、その後の電話も出社前に行え、気持ち的にも安心して任せられるので、他社と比較しても劣る点は無いと言えるでしょう。

カーネクスト利用の流れ

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

事故魔

人生で何度も車で事故を起こし、不名誉ながら廃車の知識が豊富になってしまった会社員。 おそらく、私の人生でこれ以上事故を起さない(ハズ)ですので、せっかく培った知識を無駄にしないためにこのサイトでシェアしたいと思います。

-買取に出すなら
-

Copyright© 事故って廃車にしたった! , 2021 All Rights Reserved.