調査

費用について

【損しない為に】廃車費用の相場を事前に把握して、有利に進めよう!

更新日:

廃車を行う場合、どれくらいの費用が必要になるかは普通は知らないものです。

しかし、だからと言って何もわからない状態で廃車手続きを開始するのは、いくらなんでも無謀と言えるでしょう。

そこで、ここでは廃車費用の相場についてご紹介いたします。

事前にある程度、相場の費用について把握できていれば、それだけ安心して安全に廃車を行う事が可能となるでしょう。

廃車で必要になる費用一覧

まずは、廃車手続きで必要になる費用に何があるかをご紹介いたしましょう!

印鑑登録証明書の手数料車の輸送費
解体手数料運輸支局での手続き

印鑑登録証明書

まずは、廃車の際に提出が必要になる印鑑登録証明書の発行手数料について。

こちらはお住いの市区町村で取得が可能な書類ではありますが、その発行には300円が必要になります。

なお、マイナンバーカードによるコンビニ発行の場合は200円で発行が可能です。

お住いの地域によって、発行手数料に若干の誤差はございます。

車の輸送費

続いては、車の移動が必要な場合にかかる輸送費について。

こちらは自分で運転して解体業者や買取業者に引き渡す場合は、当然ながら費用がかかる事はございません

ただし、業者が引き取りに来る際に人件費を請求されたり、不動車の場合であればレッカー車の手配に費用がかかる事がございます。

その費用は業者により異なり、1万〜3万円ほどの費用が必要になります。

解体手数料

続いては、車をスクラップにする際に解体手数料が発生する場合がございます。

(中古車としての買取の場合は費用としては請求されません。)

こちらも上記と同様に業者によって請求額が変動しますので、一概には言えない部分ではございますが、0〜2万円と把握しておきましょう。

運輸支局での手続き

最後に運輸支局での手続きの際にかかる費用についてです。

こちらは自分で手続きされる場合は、印紙の購入が必要な場合であっても350円程度で済むのですが、業者に依頼された場合は多い時で

事故魔
まれに廃車は買取するけど、

運輸支局の手続き代行は無しって業者もあります。

 

廃車費用の相場は?

廃車費用の相場

では、ここからは上記を踏まえて廃車費用の相場についてご紹介していきたいと思います。

なお、全ての廃車手続きの方法で相場(平均)をとると、正確な数値が分からなくなりますので、ここでは自分で廃車にした場合と廃車買取に出した場合の相場とで区別したいと思います。

自分で廃車の場合

まずは自分で廃車手続きを行った場合の相場について見ていきましょう。

自分で手続きする場合は運輸支局での費用は350円(もしくは0円)、印鑑登録証明書が300円となります。

次に大きな金額がかかる可能性がある項目としては、車の運搬費用と解体手数料です。

運搬は自走可能な場合は0円ですが、レッカー車の手配が必要な場合は1〜3万円が必要になります。

解体費用に関しては無料で行ってくれる業者であれば当然0円で、高いところでも1.5万円程度でしょう。

自分で廃車手続き
印鑑登録証明書300円
車の運搬費用0〜3万円
解体手数料0〜1.5万円
運輸支局での手続き0〜350円

以上のことから、自分で廃車を行う場合は300〜4.5万円という幅から考えて、相場は2.2万円前後と考えられるでしょう。

事故魔
好条件が揃えば最安値で300円ですね!

業者依頼で廃車の場合

続いては、廃車買取業者に依頼した場合の費用の相場についてご紹介しましょう。

この場合も印鑑登録証明書の発行手数料は同じく300円です。

車の運搬費用は0〜1万円前後を推移しており、解体手数料も多くの場合は1万円以下に抑える事が可能です。

ただし、最後の運輸支局での手続き代行に関しては、自分で行うよりも高くなる可能性があり、0〜1万円を見ておく必要があるでしょう。

業者で廃車手続き
印鑑登録証明書300円
車の運搬費用0〜1万円
解体手数料0〜1万円
運輸支局での手続き0〜1万円

このことから、業者依頼で廃車を行った場合の費用は300〜3万円という幅となりますので、相場としては1.5万円前後と考えられるでしょう。

事故魔
運輸支局の代行手数料は高くなりますが、

平均すると業者依頼の方が安くなりますね!

 

相場はあくまで平均値

比較

以上がそれぞれの廃車費用の相場の数値となります。

業者依頼の場合ですが、大手の会社でなおかつ廃車買取を専門でされている会社であればあるほど記事内で紹介している手数料の金額が少なかったり、もしくは無料になっている事が多いです。

おそらくこう言ったサービスは薄利多売な世界のようですので、小さな会社だったり専門でされていない会社だと、そう言った手数料で利益を取られているのかもしれませんね。

損をしない様に業者選びは重要!

ただし、上記で試算した数字はあくまでも数値的な平均値となりますので、やはり最終的には依頼される廃車買取業者のサービス内容次第なところが大きいです。

なので、廃車を買取に出される場合は、廃車で損をしない様にできる限り費用がかからない業者を選んで、依頼されるようにしましょう!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

事故魔

人生で何度も車で事故を起こし、不名誉ながら廃車の知識が豊富になってしまった会社員。 おそらく、私の人生でこれ以上事故を起さない(ハズ)ですので、せっかく培った知識を無駄にしないためにこのサイトでシェアしたいと思います。

-費用について
-,

Copyright© 事故って廃車にしたった! , 2021 All Rights Reserved.