各社の比較

買取に出すなら

廃車買取の一括査定ってどうなの?登録したら着信地獄のその仕組みとは

更新日:

廃車を買取してもらうためにネット上で色々探していると、一括査定がオススメと言う情報を見つけることが出来ます。

各社での買取価格を比較できると言う点では非常に便利なサービスですが、個人的にオススメできない理由があるのです。

今回は、この廃車買取の一括査定についてご紹介いたします。

廃車の買取一括査定には一応メリットはある

一括査定の利点

タイトルや冒頭で廃車の買取一括査定に対してネガティブな表現を用いましたが、だからと言って100%オススメしないという訳ではございません

人によって評価は異なりますが、根性があって時間的に暇を持て余している方にとっては、むしろお勧めはできる方法となります。

買取価格の相場を確認できる

まず一つ目のメリットは、買取価格の相場を確認できると言う点がございます。

この一括査定はその名の通り、同業他社から(電話で確認した限りでの)買取額の聴取が可能ですので、それらの数値から平均値を出せば、それが廃車した際の買取相場と言うことになります。

なので、自分が廃車にしたい車の価値が全く分からないという状態の場合は、一括査定を行う事で一定の基準を知る事が出来るのです。

こちらから問い合わせずに済む

2つ目のメリットとしては、こちらからのアクション自体は一括査定の問い合わせのフォーム入力1回で済むと言う点です。

基本的にフォームでの問い合わせは名前や電話番号以外にも、メーカーや車種、走行距離など複数の情報を入力する必要があります。

なので、複数社で査定を希望している場合は、その情報入力を何度も行う必要が出てしまい、結構面倒臭い作業になってしまうのです(特にスマホの場合)。

これに対して一括査定では、その手間が1回のみの入力で済みますので、こういった点もメリットになるでしょう。

この1回の問い合わせフォームの入力・送信作業が完了すれば、後は各社からの着信を待つのみですので通話料の節約にも繋がるでしょう。

事故魔
と、ここまでの内容は全然メリットになります。

が、問題は次からご紹介する内容なのです。。。

 

一括査定のデメリット

一括サービスの落とし穴

では、ここからが一番伝えたい項目になります。

もし、これから一括査定の利用を検討している場合は、これからご紹介する内容については事前に把握しておくことをオススメします。

着信地獄が始まる

廃車買取の一括査定を利用する場合、まず最初に覚悟しておくべき点は、やはり申し込み後から始まる着信電話の嵐でしょう。冗談抜きに申し込みボタンを押した1秒後からひっきりなしに電話がかかってきます。

これはボタンを押した瞬間に、入力した情報が登録している業者に一斉に送信され、業者によっては自動的に発信を行うシステムが搭載されている為なのです。当然、先に電話をかけた方が車を入手できる確立が高くなりますので、業者は何としてでも一番に電話をかけたいと考えるのです。

私も経験済みですが、1社目の電話が終わった際にスマホに表示される着信履歴の山は相当な恐怖でしたね・・・。

事故魔
本当にゾッとしました^^;

稀にこの着信地獄が起きない場合がございます。それはそもそも入力された車の買取が出来ないパターンです。この場合は、最悪の場合、1社からも電話が掛かってこない、もしくは電話が来ても逆に費用を請求されるパターンです。
なので、こういった場合は買取保証を行っているカーネクストに依頼されるしか方法は無いでしょう。

精査する暇がない

次にご紹介するデメリットは、一社一社を精査する暇がないということです。

前述の通り、各業者は一刻も早く電話で話を行い、他社に逃げないように様々な営業トークで成約にこぎつけようとします。

よくあるのが「今このお電話で決められた場合は、何円上乗せします」、「次にお電話された場合は同じ買取査定額で案内できない可能性があります」などの文言は定番の言い回しですね。

なので、そういった状況でも毅然とした態度で挑める根性のある方でない限り、なかなか心労が溜まるサービスと言えるでしょう。

手数料などを見落としがち

そして、一番注意していただきたいのは、手数料などを見落としがちになると言う点です。

B社が一番高い金額で買い取ってくれると言ってくれたからここで決めよう!

と決断したものの、全ての手続きが完了したあとで発行された請求書の明細を確認すると、廃車引取り手数料などがシレッと記載されている事があるのです。

こういった部分については、腰をすえてじっくりと話を聞かないと、なかなか入手できにくい情報ですので、電話が鳴り続けているような状況では見落としなく確認できる方が異常です。

それが数百円程度であれば問題ありませんが、数千円から数万円と高額な手数料が取られ場合には、査定額は低いが手数料は数百円だけだったA社やC社の方が最終的な手取りは高かったと言う結果にもなりえるのです。

事故魔
これが、複数社を一気に査定依頼した場合のデメリットとなります。

 

一括査定は諸刃の剣

交渉力がある人は一括査定を!

以上のことから、やはり廃車買取の一括査定は個人的にはあまりオススメできない方法と言えるでしょう。

ただ、繰り返しますがこのサービスにもご紹介したとおりのメリットは確かに存在しています。なので、これらのデメリットをうまく対処できる自信があるグイグイ系の猛者は、どんどん一括査定を活用して価格交渉を進めるのも全然ありでしょう^^

ただ、私の様にどちらかと言うと口下手なタイプや、大量の電話対応が苦痛に感じられる方は、初めから定評のある方法で廃車の買取を検討するべきでしょう。

廃車を売るならどこがおすすめ?もっともコスパと手間を重視した場合

続きを見る

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均: 4.00 / 5)
読み込み中...
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

事故魔

人生で何度も車で事故を起こし、不名誉ながら廃車の知識が豊富になってしまった会社員。 おそらく、私の人生でこれ以上事故を起さない(ハズ)ですので、せっかく培った知識を無駄にしないためにこのサイトでシェアしたいと思います。

-買取に出すなら

Copyright© 事故って廃車にしたった! , 2021 All Rights Reserved.